長谷川醸造株式会社は、明治39年3月、醤油製造業として鏡中条村に創業しました。甲府盆地の西側、御勅使扇状地帯の南端に位置し、良質の天然水がわき出る田園風景の環境に恵まれた素晴らしいところです。昔は村内に造り酒屋が3軒もあったほど水質の良い、醸造に適した場所でもあります。
 現在は漬物製造工場も併設し、山梨の特産である「甲州小梅ぼし」を主力製品として全国に販売、好評を得ています。「地域の小梅生産者とともに生きる」を信念に、特産農産物振興の一翼を担っております。
 当社の経営方針は、山梨の特産品の開発と人材の育成です。日々研さんを重ね、山国の自然の恵みを広く日本全国へお届けしたい。そんな夢を実現するには、何といっても「人材=社員」です。人こそ財!!社員のみんなの特質を生かして会社とともに力強く歩んでいきます。平成元年に小梅漬け工場の増設、平成6年に本社社屋、包装工場を新築し、冷暖房完備で働きやすい環境づくりに努めています。


工場 工場空撮 主力製品

◆会社概要
代表者 代表取締役社長 長谷川清一
所在地 山梨県南アルプス市鏡中条3481
設立 明治39年
資本金 1,000万円
年間売上 5億7千万円
従業員数 35人
取引銀行 山梨中央銀行、美駒信用組合、商工中金
電話 055-282-1516
FAX 055-282-1704
ホームページ http://www.umeume.co.jp/
Eメール ume@comlink.ne.jp
勤務時間 8:30〜17:30
休日・休暇 日曜、祝日、毎月2回土曜、年末年始、盆、有給休暇
福利厚生 社会保険、年金、雇用、労災、退職金共済、社員旅行
問合せ先 専務 長谷川正一郎
◆事業内容
 当社の事業内容は、明治39年3月より造り続けた醤油製造と昭和35年に始めた甲州小梅の漬物製造が二大柱で、現在はだしつゆ、金山寺味噌、漬物各種と時代の変化に対応した食品製造を目指しています。

醤油、だしつゆ
長年培われてきた醸造技術をもとに、さらなる品質の向上を目指して近年はせ川の「だしの素」を製造、通販を主に業績を伸ばしてきました。はせ川の「だしの素」は職人が伝統の製法で焼津産かつを節、宗田節の「だし」取りから始めた手づくりの本格派として好評を得ている製品です。
甲州小梅ぼし
山梨は全国でも有数の小梅産地です。地元農家と契約栽培したこの特産「甲州小梅」の完熟小梅を】古来の製法で漬け込んだ後、さらに三日三晩にわたり土用干しを行います。当社では、手づくりの小梅ぼしを天然の昆布に漬け込みます。その熟成した味わいは、昔ながらの健康食品としても見直されています。